暇をつぶすと汁が出る2

◆気になることや気に入らないこと◆

After Effects CS2でハーフトーン

 どうも。
 さぼっている間に日本がいろいろスゴイことになっていて、自分も何かするべきではないのか、ただ座しているだけでいいのか、ほんの少し考えてみたが、今できることをするしかないと悟り、こんなことをしてみた(なんじゃそりゃ)。
ドットハーフトーン

 これはPhotoshopなどではおなじみ?のハーフトーンパターンというエフェクト(フィルター)で、荒い網点の写真のような点の大小で画像を表示する表現方法だ。しかし動画では見たことはなく、知恵袋でノウハウを問う質問があったので検索すると、After Effectsでもワンタッチでできるようなものではなく、裏技的な技法が必要らしい。実は以前からやってみたかったエフェクトだったのだが、自分のCS2には存在しないコマンドを使ってたり、解説が英語だったりしてよく分からない。チュートリアルの絵だけで判断すると、どうやら小さい穴(ドット)を並べたレイヤーの下の画像の明るさに応じて、ドットの大きさが変わって見えればいいのだから、ドットにボカし(ブラー)を加えた後にエッジをクッキリさせればいいのでは? と考えて試行錯誤してみた。



アフターエフェクト

 個人的には一般のスクリーントーンのようにドットが45度で交差するスクリーンが好きなので、最初はIllustratorでアミ点を作ってテストしてみた。出力するビデオのサイズより一回り大きな絵が必要だが、とりあえず1.5ミリ径の黒丸を3.5ミリ角の正方形の角と中心に配置したものを無数に複製してこしらえた。(↓)
イラレアミ点

1.タイムラインには下から順番に白い背景。元になるビデオや静止画。ドットを並べたIllustratorの画像。一番上に調整レイヤーを置く。
2.ビデオの彩度を0にしてモノクロにする。
3.ビデオのレイヤーにトラックマット(アルファマット)を設定する。ドットを通してビデオの絵柄がうっすらと見えるようになる。
4.調整レイヤーにブラー(滑らか)を適用して、値を2.0~4.0にする。次に同じく輝度&コントラストを適用、輝度を-70~-80に、コントラストを90以上にする。各エフェクトの数値を小数点以下の値を調整して最もバランスの良いところを調整してできあがり。

 一番上の画像に示したような格子状に並んだドットでいいのなら、AEで日本語文字の中黒(「・」)を等間隔で敷き詰めればIllustratorなど別のソフトは必要なくなるので、こっちのほうが簡単かもしれない。ちなみに最終的に文字の大きさは20px、行間は8pxといったところ。ドットの代わりにストライプや同心円模様を使う方法もあるが、線の太さと間隔のいい値がまだ見つからない。

 さて、この効果をいつどこで使えばいいのだろう…。


おまけ1:ドットの代わりにストライプや同心円の画像を使うと?


おまけ2:元の画像の彩度をそのままにすればカラーハーフトーンの効果も得られる。


モノクロハーフトーン



 
スポンサーサイト
  1. 2015/09/16(水) 18:53:54|
  2. パソコンとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows7のXPModeでMD-5500を使う(リベンジ)

VirtualPC

 この話を始めると2年前まで使っていたパソコンの話にまで遡らなくてはならないので、よけいなところは省略して「いいところ」だけ記しておこうと思う。
 Windows7でMD-5500(アルプス電気のプリンター)を使うには、「Windows XPMode」なるVirtual PCの機能を利用する必要があり、そのためだけにProfessionalを選んだのだが、以前書いた記事のように、XPmodeでもドライバーがインストールできなかった。というか、USBポートそのものが認識できなくて、結局あきらめていた。
USB接続不可

 それ以来、MD-5500を使うときは(というか、プリンターはこれしかない)XP入りのThinkPadを使うことにしてお茶をにごしていたのだが、最近、六角大王(フリー版)とそのファイル変換ソフトであるRokToXという古いソフトを使いたくなって、久しぶりにXPmodeを使う用事ができた。以前のXPmodeの導入方法が良くなかったのかもしれないと思ったこともあり、一旦アンインストールして始めからやり直してみた。その結果、上記の古いソフトはちゃんと使えるようになったので、目的の半分は達成できたようだが、やはりプリンターは動いてくれない。ネットで検索しても自分と同じ状況でMD-5500が動かせない人もけっこういるらしい。中には、USB3.0ポートではダメだが、2.0に挿せば使えるという例もあったがウチではダメ。最後に「新しめのマザーボードから直接USBポートが生えているPCだとXPmodeでは認識しないので、USBインターフェイスカードをPCIに接続して使う」との記述を見つけた。
 今時、USB2.0を内蔵しようとする人もいないだろうから、ヤフオクで探すと200円の中古品(バッファロー IFC-USB2P4)があったのですぐに落札して、取り付けてみた。ドライバーもWindows7に入っているものが自動的にインストールされたようだ。一呼吸置いてプリンターをそのUSBポートにつなぎ、電源を入れる。XPmodeを起動してUSBをクリック、USBポートも認識できた。プリンターともつながった! あとはダウンロードしてあるプリンターのドライバーをインストールすればいい。というわけで、1年と3ヶ月のブランクを経て、やっとMD-5500がWindows7で使えるようになった。ふう。

プリントテスト
  1. 2015/03/20(金) 15:42:53|
  2. パソコンとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mAgicTV GTの地デジ放送をPCでキャプチャ

 ああ、すっかり年が明けてしまった。いつも年賀状を送ってくれる友人や友人でない方々にもこの場を借りて御礼申し上げたい。実は、今年こそは年賀状を書こうと思っていたのだが、考えていた図案が完成できず、またしても1年延期と相成った。
 というわけで(何がというわけなのか分からんが←懐かしいフレーズ)、最近ひょんなことから実現した懸案事項についてメモしておきたい。これは私の友人に頼まれて、地デジテレビの録画をなんとか編集できるようにならないかと相談されていたことだが、幸か不幸か、ウチでは地デジに切り替わる直前にテレビを売っぱらい、アナログ放送を視聴していたパソコンもぶっ壊れたりしたので、それ以来テレビ視聴から遠ざかっている(ことになっている)ので、事情がよく分からなかった。友人によると、パソコンでテレビを見ているのだが、視聴に使っている「mAgicTV」(I・O DATA)というソフトでは、番組録画は可能なものの、コピーは10回までで、それを再編集するには一旦DVDやBDに焼いてからコピーガードを外さなければならないので、とてもめんどくさいらしい(他のソフトがどうなのかは知らない)。せいぜい数分から1時間程度のビデオをいちいちディスクに焼いて、それをコピーして加工するなどという手間をかけずに録画したビデオをそのままPCで編集でき、ハードディスクに保存できればそれで充分だというのだ。たしかに、ネットで検索してもこのソフトで録画した動画ファイル(xitという拡張子が付いている)をaviなどに変換することはできないようで、言われるようにこのままではPCでの編集は難しそうだ。

mAgicTV

 ビデオファイルの変換がダメなら、画面を録画すればいいのでは? というわけで、友人の使っているPCにはゲーム画面のキャプチャ用にDxtoryがインストールされているので、試しにそれでテレビ視聴画面を録画してみた。Dxtoryは私も使っているが、基本的にフルスクリーンのゲームなどの録画専用で、フレーム落ちもなく気に入っているソフトだ。その結果、mAgicTVの画面の大きさに関係なく録画できることが分かった。というか、操作用のボタンやアイコン以外のテレビ画面しかキャプチャしない。フルスクリーンでもなぜか画面の上の方に映るのだが、これはDxtoryの設定でクリッピングにチェックして下方のマージンをとれば解決する。画面のキャプチャなので、モニターの解像度以上の大きさでは撮れないが、少なくともDVD並みかそれ以上の画質も維持できる。うーむ、これがうまくいくのなら私も使ってみようかという気にさせられた。
 録画の後、なぜかmAgicTVが映らなくなるという不具合?が発生したが、録画が終わったらDxtoryを終了しておけば問題はなさそうだ。ちなみに、静止画キャプチャはDxtoryでも無理なようで、ビデオ画面から静止画を切り取るしかなさそう。

テレビ画面

Dxtoryテレビ録画
クリッピングのマージンは何回か実験して数値を入力。ゲーム録画よりは少し画質を下げても良いということで、デフォルトのDxtoryコーデックをDivXに変更。録画後のファイル容量も現実的な範囲に収まる。
mAgicTVで録画したあとの再生ビデオは解像度が違うらしく、フルスクリーンで再生しても960x768ピクセル(原寸?)でしか録画できず、画面下によけいな黒地がくっついてきた↓。これはモニターのアスペクト比のせい(16:9じゃないため)だと思われる。

録画の録画


 
  1. 2015/01/16(金) 22:42:46|
  2. パソコンとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ビデオ編集ソフトについて(After Effects覚え書き)

 たいしたことはできないが、たまにビデオカメラの映像をAfter Effects(以下AE) CS2でいじりたくなることがある。ところが最近、まともに動くことが少ない。よくあるのがコンポジションのムービー作成で「イメージバッファを作成できません」というエラー。このメッセージの意味も原因もよく分からないのだが、なぜか「書き出し」のメニューからMPEG4などを選ぶと無事にレンダリングできる。なぜ「ムービー作成」ではダメなのか。このエラーの回避にはAEの環境設定で「シークレット」を出して「ムービー作成時のキャッシュの消去」を0から1に書き換える方法が紹介されているが、副作用として、レンダリングに時間がかかるようになるという。特に根拠があるわけではないが、自分はなんとなく画像のように「レイヤーキャッシュを使用不可にする」にチェックを入れてみた。はたして、今までエラーが出て止まっていたものもようやくレンダリングできるようになったと溜飲を下げたところ、実はまだ完璧ではないようで、新たに別のプロジェクトを始めて同じようにレンダリングするといきなりエラーが出てびっくりする。

 AEではビデオカメラのMTSファイルが直接読み込めないので、どうしてもファイル変換する必要がある。Windows7に付いているWindows LiveムービーメーカーだとMP4やWMVへの変換が速いのでたまに使っていたのだが、こういったファイルを使うと上記のエラーが起こりやすい。ムービーメーカーはWin7になってからMTSがそのまま扱えるので便利なのだが、このままではいわゆる中間ファイルの作成用としては使えない。なので、Corel Video StudioでUT Video Codecを使ったAVIファイルを使うことにした(ファイルサイズが大きくなるのが気になるのだが)。なぜMP4やWMVはダメでAVIならいいのか理由がさっぱり分からない。
 ならば新しいバージョンのソフトならどうかというと、PCを入れ替えたときに真っ先にAE CS6を使ってみたが、Dxtoryで撮ったAVIファイルが使えないという致命的な欠陥があり、使い物にならない。同じ理由でPremiere Pro CS6もダメである。AEはいろいろ遊べるソフトではあるが、どうもAdobeのビデオ編集ソフトにはいい印象がない。

AE環境設定
編集→「環境設定」をクリックする際にShiftを押す。ダイアログが表示されたら▼を押すと一覧の一番下にシークレットが現れる。

■追記■
 その後ネットで検索してたら、AEやPremiereでもCS6(CS5以降)ならMTSも読み込めるという記述を見つけた。これは一緒にインストールされるMedia Encoderに含まれるデコーダー?を使用するということらしい。でもそれを使う前にアンインストールしちゃったから、どっちにしても意味がない。

テーマ:ビデオ編集 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/25(火) 16:58:06|
  2. パソコンとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Adobe Gammaの起動

 昨年まで使っていたXPではモニターの明るさや色の設定はグラフィックボード(NVIDIAコントロールパネル)の機能を利用していたが、Win7に変えてから同じNVIDIAの設定を読み込んでくれないことが多く、今までは無視していたAdobe Gamma Loderを使うことにした。こいつはAdobeのPhotoshopなどをインストールすると自動的にスタートアップに追加されるので、これでモニターの色を設定しておけば自動的に読み込んでくれるはずなのだが、稀に無視されることがあり、いちいちスタートアップ内のAdobe Gammaをクリックしなければならない。どうしたものか悩んだところで、どうやら、パソコンの起動時に強制的に起動させるには「タスク」に登録しておけばいいらしいことが分かった。
 ということで、以下はその覚え書き。
タスクスケジューラー

1.スタート→「プログラムとファイルの検索」に“タスク”と入力してタスクスケジューラーを起動。
2.右の窓の「タスクの作成」をクリック
「全般」タブの名前欄に分かりやすい名前(Adobe Gamma)を入力
「最上位の特権で実行する」にチェック
「ユーザーがログオンしているときのみ実行する」を選択
構成欄で「Windows7、Windows Server2008R2」を選ぶ。
3.「トリガー」タブ→「新規」をクリック→ログオン時を選ぶ。
4.「操作」タブ→「新規」をクリック→「プログラムの開始」になっているか確認
「プログラム/スクリプト」欄に"C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\Calibration\Adobe Gamma Loader.exe"をコピペ(クォーテーションマークごと)
(スタート→すべてのプログラム→スタートアップ→Adobe Gammaを右クリックしてリンク先のパスをコピー)
5.条件タブ→「コンピューターをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」のチェックを外す。
6.設定タブ→「タスクを要求時に実行する」にチェック
「タスクがすでに実行中の場合に適用される規則」→「新しいインスタンスを開始しない」を選ぶ。
OKをクリック。

続きを読む

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/04(火) 01:36:34|
  2. パソコンとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

書いてる人について

松井大和

Author:松井大和
埼玉県所沢市在住
昭和30年代生まれ
貧乏なのにプジョー205に乗っている
キーワード:やる気がない

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (43)
パソコンとか (13)
Richard Burns Rally (5)

月別過去帖

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

これまで訪れた人数