暇をつぶすと汁が出る2

◆気になることや気に入らないこと◆

After Effects6.0の不思議

 長らくAfter Effects6.0(AE6)で下らないビデオの編集をして遊んでいたのだが、先々週あたりから急にDivXやXvidで圧縮したファイルが読み込めなくなった。ウチのXPにはDivX Pro(DivX6.8)とffdshowを入れてあって、今までほぼ問題なく扱えていたはずなのだが、編集ができなくなっただけでなく、それまでできていたDivX5.1でエンコードしたファイルのWindows Media Playerでの再生もできなくなっていることに気がついた。AE異常な状態
 検索してみるとDivX6.xは下位互換性がないという話もあり、とりあえずDivX5.2を見つけてきてインストールしなおしたらとりあえず再生だけはできるようになった。そしてもう一つ。これまでビデオカメラ(Panasonic HDC-SD1)のMTSファイルはBatchDOOを使ってXvidでエンコードしていたので、これもAE6に読み込めない。他の形式やコーデックも試したが、どれも実用にならない。もっとも、無圧縮のAVIにすれば読み込めるのだが、容量が巨大なもの(1分足らずで1GB以上)になってしまう。しかもこの問題はネットで調べてもほとんどヒットせず、それらしいものがあっても有効な解決策が示されている例がない。もちろん、各コーデックのインストールのやり直し、AE6そのもののアンインストールとインストールも2回ずつくらい行ったが効果なし。もしやと思って、この春“祭り”になった「Adobe CS2無料ダウンロード」からAE CS2も試してみたがやはりダメ。これはひょっとするとマイクロソフトがOSの入れ替えを促すために更新プログラムに何かを仕込んだのではなかろうか、などとよけいなことまで考える始末。
 最後はOSの再インストールも考えたが、去年のハードディスク交換とそれに伴う作業の煩雑さを思い起こすとおいそれとは踏み切れない。しかも再インストールすれば元に戻るという保証もない。ますます気持ちが萎えてきたころ、「MTSファイル変換」といったキーワードで調べていたら、TMPGEncで変換が可能だという情報を見つけた。TMPGEncは昔Flashファイルをビデオに変換するのに使ったことがある程度で久しぶりだったが、早速最新のフリー版をダウンロードして「AVIに出力」を試みたところ、なんとかMicrosoft MPEG-4 Video Codec V2でエンコードできた(逆にこれ以外のエンコーダーは使いものにならない)。これならAE6でもちゃんと読み込める。不思議なのは、DivXなどが読み込めないくせに、出力の際には何の問題もなくコーデックが使えるということと、使用しているコーデックが同じでもそれを使うソフトによって結果が異なるのも謎だ。完全に旧に復したわけではいが、最低限の目的は果たせたと思うことにしたが、とにかく、今まで普通にできていたことが急にできなくなるというのは納得できないのである。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/27(土) 17:17:39|
  2. パソコンとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書いてる人について

松井大和

Author:松井大和
埼玉県所沢市在住
昭和30年代生まれ
貧乏なのにプジョー205に乗っている
キーワード:やる気がない

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (43)
パソコンとか (13)
Richard Burns Rally (5)

月別過去帖

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

これまで訪れた人数