暇をつぶすと汁が出る2

◆気になることや気に入らないこと◆

プロバイダーをSO-NETに替える

 昨年の暮れにいきなり「“にゅーろひかり・by・ソネット”が安いですよ」という勧誘電話があり、話を聞くと現在のフレッツひかり(NTT)の10倍の速度で、しかも光電話を付けても接続代が500円近く安くなるというので、まだNTTの「2年割」が2ヶ月くらい残っているにもかかわらず乗り換えた。
 契約を交わして5日後に室内の配線工事。翌日には電柱から家への配線工事が終わり、インターネットは無事に開通した。NTTのときは無線LANを使うためにBuffaloのエアステーションが別添えになっていたが、こっちはルーター(ONU)に無線が内蔵されているので、使うコンセントが一つ空くのも好都合だった。ところが、XP搭載のThinkPad X31だけがどうしても無線につながらず往生した。Windowsの無線LAN接続用のソフト(タスクバーに常駐してるやつ)ではThinkPadのデバイスが対応していないのだ。
ワイヤレス接続
タスクバーの「ワイヤレスネットワーク接続」をクリックして開いたウインドウからはこれ以上なす術がない。

アクセスコネクション
ThinkPad(IBMパソコン)に付属しているAccess Connectionsを開いて設定しても状況は何も変わらず。

 数時間の格闘のあとに思い出したのが、「プログラム」の中にあったIBM Access connectionである。しかし、こいつを持ってしても、SSIDも認識しているし、暗号コードも入力できるのにやっぱりつながらない。Lenovoになった今でもIBM系は比較的サポートが充実しているので、いろいろ検索すると、Access connectionsのバージョンによってはLANがつながらなくなる不具合情報に振り回され、無線用のドライバーを入れ替えたり一旦削除してみたりもしたが何の役にも立たず、これだけで半日が無駄に過ぎ去った。1日目はここまででギブアップしたのだが、翌日思いついたのが、お役御免になるはずだったBuffaloのエアステーションをもう一度つなぎなおす方法。これが予想に反してあっさりつながるではないか。
 釈然としないながらも、とりあえずこの体制で行こうかと思って何気なくThinkPadのプログラムを見ていたら、Buffaloの「クライアント・マネージャー 」なる無線接続用のソフトがあることに気がついた。つまり、前に設定したときに使用したエアステーションに付属のソフトだったのだが、試しに親機を検索してみると、見覚えのないWi-Fiなどに混じってウチのSSIDを認識している。もしや! と思い、エアステーションの電源を落としてみてもちゃんとONU経由でつながることが分かり、ようやくにして落着した。今さらXPを無線でつなごうという人は少ないかもしれないが、Buffaloのクライアントマネージャーはここからダウンロードできるので、同じ状況に陥ったら試してみてもいいかもしれない。
 しかし! このあと更なる問題が!(続きはWebで)
buffalo検索
Buffaloのクライアントマネージャー開くと無線ルーターの一覧が示された。
一番上のHG8045-・・がONUのSSIDだが、別の無線もキャッチしているのが分かる。


つながった
Access connectionを見てもつながっていることが分かるが、よく見るとシグナル強度:0%、通信速度:無線オフになっている。なぜ?


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 17:29:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mAgicTV GTの地デジ放送をPCでキャプチャ

 ああ、すっかり年が明けてしまった。いつも年賀状を送ってくれる友人や友人でない方々にもこの場を借りて御礼申し上げたい。実は、今年こそは年賀状を書こうと思っていたのだが、考えていた図案が完成できず、またしても1年延期と相成った。
 というわけで(何がというわけなのか分からんが←懐かしいフレーズ)、最近ひょんなことから実現した懸案事項についてメモしておきたい。これは私の友人に頼まれて、地デジテレビの録画をなんとか編集できるようにならないかと相談されていたことだが、幸か不幸か、ウチでは地デジに切り替わる直前にテレビを売っぱらい、アナログ放送を視聴していたパソコンもぶっ壊れたりしたので、それ以来テレビ視聴から遠ざかっている(ことになっている)ので、事情がよく分からなかった。友人によると、パソコンでテレビを見ているのだが、視聴に使っている「mAgicTV」(I・O DATA)というソフトでは、番組録画は可能なものの、コピーは10回までで、それを再編集するには一旦DVDやBDに焼いてからコピーガードを外さなければならないので、とてもめんどくさいらしい(他のソフトがどうなのかは知らない)。せいぜい数分から1時間程度のビデオをいちいちディスクに焼いて、それをコピーして加工するなどという手間をかけずに録画したビデオをそのままPCで編集でき、ハードディスクに保存できればそれで充分だというのだ。たしかに、ネットで検索してもこのソフトで録画した動画ファイル(xitという拡張子が付いている)をaviなどに変換することはできないようで、言われるようにこのままではPCでの編集は難しそうだ。

mAgicTV

 ビデオファイルの変換がダメなら、画面を録画すればいいのでは? というわけで、友人の使っているPCにはゲーム画面のキャプチャ用にDxtoryがインストールされているので、試しにそれでテレビ視聴画面を録画してみた。Dxtoryは私も使っているが、基本的にフルスクリーンのゲームなどの録画専用で、フレーム落ちもなく気に入っているソフトだ。その結果、mAgicTVの画面の大きさに関係なく録画できることが分かった。というか、操作用のボタンやアイコン以外のテレビ画面しかキャプチャしない。フルスクリーンでもなぜか画面の上の方に映るのだが、これはDxtoryの設定でクリッピングにチェックして下方のマージンをとれば解決する。画面のキャプチャなので、モニターの解像度以上の大きさでは撮れないが、少なくともDVD並みかそれ以上の画質も維持できる。うーむ、これがうまくいくのなら私も使ってみようかという気にさせられた。
 録画の後、なぜかmAgicTVが映らなくなるという不具合?が発生したが、録画が終わったらDxtoryを終了しておけば問題はなさそうだ。ちなみに、静止画キャプチャはDxtoryでも無理なようで、ビデオ画面から静止画を切り取るしかなさそう。

テレビ画面

Dxtoryテレビ録画
クリッピングのマージンは何回か実験して数値を入力。ゲーム録画よりは少し画質を下げても良いということで、デフォルトのDxtoryコーデックをDivXに変更。録画後のファイル容量も現実的な範囲に収まる。
mAgicTVで録画したあとの再生ビデオは解像度が違うらしく、フルスクリーンで再生しても960x768ピクセル(原寸?)でしか録画できず、画面下によけいな黒地がくっついてきた↓。これはモニターのアスペクト比のせい(16:9じゃないため)だと思われる。

録画の録画


 
  1. 2015/01/16(金) 22:42:46|
  2. パソコンとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

書いてる人について

松井大和

Author:松井大和
埼玉県所沢市在住
昭和30年代生まれ
貧乏なのにプジョー205に乗っている
キーワード:やる気がない

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (47)
パソコンとか (13)
Richard Burns Rally (5)

月別過去帖

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

これまで訪れた人数