暇をつぶすと汁が出る2

◆気になることや気に入らないこと◆

網戸の網を張り替える(画像なし)

 平成4年築の家に越してきて早10年。日当たりの良さだけが取柄の狭小住宅だが、南側の窓の網戸が長年の太陽光のせいでかなりヤバくなってきており、何かの弾みで網をつつくとパラパラと砕け散るようになってしまった。しばらくガムテープでベタベタとふさいでいたのだが、それも雨風で早晩劣化してしまうだろうということで網を張り替えることにした。
 真っ先に考えたのはDIYだが、その手の情報をネットで検索すると、シロートでも簡単にできるように書かれているものの、どれも広い作業スペースと専用の工具が必要で、慣れていないと特に畳一枚くらいの大きさのサッシでは網をピンと張るのが難しそうである。苦労して網を張ってもビロンビロンな仕上がりでは自分自身が納得できないのは目に見えている。次善の策として(?)、ここはやはり専門家に頼むことにした。
 いつものように検索していくつかの業者の値段を比べてみると、安いのでは1枚当たり2,000円くらいのところもあり、とりあえず現実的になってきた。しかし、電話して詳細を聞いてみると、4枚以上じゃないと受けないとか、見積もりと作業の出張費が6,000円とか、開口一番「13,000円だね」など、一気に現実味が薄れてきた。どうもインターネットでヒットするような全国規模の業者(実際に作業するのは地元の建具屋だと思う)は、貧乏人には利用しにくい。最後に、以前バイク置き場の屋根を直してもらった地元のリフォーム屋に聞いたら、畳一枚の大きさだったら3,000円でやりますとのこと。始めは頼むつもりがなかった2階の窓(約半畳分)の網も交換してもらうことにして、合わせて5,000円で済んだ。もっとも、電話で問い合わせたときは「朝イチで引き取って午前中に仕上げます」などと調子のいいことを言っていたが、朝9時に取りに来て、上がったのは午後3時半頃だった。遅れてきた(社長自ら作業して持ってきた)のにまったく悪びれる様子がなかったのが気にならないと言えばウソになるが、安かったので許す。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/07(水) 17:47:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書いてる人について

松井大和

Author:松井大和
埼玉県所沢市在住
昭和30年代生まれ
貧乏なのにプジョー205に乗っている
キーワード:やる気がない

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (44)
パソコンとか (13)
Richard Burns Rally (5)

月別過去帖

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

これまで訪れた人数