暇をつぶすと汁が出る2

◆気になることや気に入らないこと◆

CP+2017(シーピープラス 2017)に巻き込まれる

 珍しいことに新年早々、集中的にとても忙しかった。というのもパシフィコ横浜で行なわれる(催しは26日に終了した)デジカメの見本市(CP+2017)のSONYのブースに置くという鉄道模型のレイアウトの製作を手伝うことになったためである。過去2回のショーでは私以外の二人のモデラーが作っていたのだが、今年は製作にかけられる日数が短いため(詳細がなかなか決まらなかったため、という説も)、どこで聞きつけたのか、私がヒマを持て余しているらしいとのことで駆り出されたのである。
パシフィコ横浜

ソニーブース
26日(日曜日)のSONYブースの状況。人だかりの原因は鉄道写真家の中井精也センセイが巨大スクリーンの前でプレゼン中のため。
このセンセイの講演の内容にリンクした模型を作らなければならない。


 模型のコンセプトはSONYの新しい高感度カメラ(つまり、暗いところでも速いシャッターが切れる)の被写体用に、夜景のきれいな情景を作ること。設置場所はブース内で光を遮断した暗室状の一部屋である。しかも来場者にそのカメラで実際に撮影を体験してもらうということらしい。
 小さな模型だったら別の場所で完成させて持ち込めば済むのだが、幅4m20cm、奥行き2m30cmという大きさの上、製作に使用した場所(都内某所)がエレベーターのない5階の一室だったので、なるべく軽く、分割式でなければならない。もっとも、私は単なる手伝いなので構造的なことは“お任せ”で、あまり頭を使う必要はない。
 レイアウトのデザインは、イタリアの列車(イタロ・トレイン)を走らせるので、ヨーロッパの風景であることが条件で、手前に大きな駅を置いて線路をはさんだ奥の丘に街並みを作り、街並みの裏はエンドレスの線路を隠すための山を作るという、鉄道模型の文法から言えばとてもオーソドックスなもの。ベースはすべてスタイロフォームで、建物はヨーロッパ製のプラキットなどを使用。夜景なのでディテールが必要ないことと既存のキットが使えることが有利かと思えたが、電灯(LED)の組み込みと、配線の取り回しが大変だった。

奥の部屋

展示ストロボ
手前のテーブルにはSONYのデジカメ。鉄橋やヨットハーバーなども作ったのだが…。
展示状況
背景は天井近くにある投影機からプラネタリウムのように星が映されている(実際はもっとたくさん星が見える)。
模型のディテールはほとんど見えない。

 以下、製作途中の写真など。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/02/27(月) 13:42:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書いてる人について

松井大和

Author:松井大和
埼玉県所沢市在住
昭和30年代生まれ
貧乏なのにプジョー205に乗っている
キーワード:やる気がない

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (47)
パソコンとか (13)
Richard Burns Rally (5)

月別過去帖

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

これまで訪れた人数