FC2ブログ

暇をつぶすと汁が出る2

◆気になることや気に入らないこと◆

さーたーあんだぎーを見つけた

サーターアンダギーむすめ

 自分でも驚くほど食べ物には執着がないのだが、十数年来気になっていた食べ物(というか、お菓子)に久しぶりにめぐりあった。沖縄の家庭でよく作られているという「サーターアンダギー」である。初めてこれを食べたのは20年近く前、なぜか横浜新道の保土ヶ谷のパーキングエリアだったと思うが、その時はワリバシに無造作に刺さった状態で、見た目から想像していた甘食のようなものと違い、適度な歯ごたえと微妙な甘さが気に入ってしまったのだ。次に見つけたのは中央高速の談合坂サービスエリアで、なぜか自動車専用道以外ではお目にかかったことがなかった。実は、6~7年くらい前に小手指駅の跨線橋上のスペース(たまに露店が開かれる)で見かけたことがあったのだが、いずれも時間がなくて買うことが出来なかった。今でこそインターネットで検索することですぐにその素性も知れてしまうものだが、「サーターアンダギー」という名前を知った(憶えた)のも初めて食べてから数年経った後のことである。テレビやラジオなどでもこの名前を耳にすることもしばしばあり、なんとなくその(どの?)機運が高まりつつあったところでいつものように何気なくネット検索すると、偶然にも家から歩いて行ける場所に「あんだぎー工房」なる自家製サーターアンダギーを売る店があることを発見してしまったのだ。

サーターアンダギー

 初めて買った時の印象とは裏腹に、一つずつ袋詰めされた姿で150円だが(これが高いのか安いのかも分からない)、懐かしさも相まって4つも買ってしまった。飛んで帰って食してみると、これがなかなかお腹にたまる。感じのよい店主? の言に従って、オーブンで軽く焙ると確かに食べやすく美味しくなった。スナック菓子のようにバリバリ食べられるものではないが、一度に食べなければならないというものでもないので、何かというと何かをつまむクセのある自分には合っているかも知れない。割とよく行く家電量販店への道すがらにあることもあり、たびたび寄ってしまいそうである。(…すごくブログらしいネタだなあ)
スポンサーサイト
  1. 2018/11/03(土) 18:41:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書いてる人について

松井 和

Author:松井 和
埼玉県所沢市在住
昭和30年代生まれ
貧乏なのにプジョー205に乗っている
キーワード:やる気がない

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (57)
パソコンとか (13)
Richard Burns Rally (5)

月別過去帖

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

これまで訪れた人数